コンピュータグラフィックス基礎 (CG 基礎) 金森の授業ページ

この授業は、情報科学類 (GB13704)、情報メディア創成学類 (GC23304)、国際総合学類 (BC12624) の 3 学類でコードシェアされています。

重要: 情報科学類以外の履修 (予定) 者の人へ

この授業では 1 限に講義 (3A202)、2 限に実習を行います。実習では情報科学類の計算機室 (3C113, 3C205) を使うため、情報科学類の計算機システム (COINS) のアカウントおよび計算機室の入室許可が必要です。9/29 (金) 17:00 までに TWINS に履修登録してもらえれば COINS のアカウントは発行されます。それ以降だと、初回 (10/3) の実習では COINS の計算機は利用できませんので、近くの全学計算機システムのサテライト室 (3D207 など) で実習を行ってください。情報科学類以外の履修者には全員、初回の授業の際に「アカウント/計算機室入室許可 申請・誓約書」を配布しますので、そちらに記入し 3E108 号室の山崎さんに提出してください。

基本情報

成績評価について

成績は、出席(講義の時間)、レポート課題、期末テストの結果に基づいて総合的に評価します。

2017 年度は CG-ARTS 協会の「CG エンジニア検定」(ベーシック or エキスパート) の合格者に対して、期末テストの成績に加点します。

「CG エンジニア検定」合格者への加点について

CG-ARTS 協会の「CG エンジニア検定」では、本講義・実習の教科書「コンピュータグラフィックス(改訂新版)」の範囲から選択式の問題が出題されます。これに合格した場合、講義内容に関して一定以上の知識の習得がなされたものとして、期末テストの成績に加点します。何点加点するかは「ベーシック」か「エキスパート」のどちらに合格したかも含め、総合的に判断します。ただし、もし検定に合格してもレポート課題を提出しない場合、実技能力の習得度合いが判断できないので単位は出ません。

2017 年度の「CG エンジニア検定」の出願期間は 9/1 (金) ~ 10/20 (金) で、検定日は 11/26 (日) です。出願費用は各自負担してください。過去に合格した人は合格証 ([検定日より約 60 日後に郵送]) を教員に示してください。今回新たに受験する人は、[検定日より約 30 日後に web 上で合否が公開される]ので、合格した場合そのスクリーンショットを教員に示してください。成績評価締切に間に合わない場合は成績に反映できません。「CG エンジニア検定」について詳しくは [CG-ARTS 協会のページ] を見てください。

課題の提出物

原則として毎回授業ごとに課題を出すので、行った課題は Word ファイルにまとめて manaba で提出してください(Word 以外を使用したい場合は PDF にして提出)。提出物には次の内容を含めてください。

以下、諸注意です。これらに従わない場合、減点する可能性があります。

参考書

コンピュータグラフィックス(改訂新版), CG-ARTS 協会, ISBN 978-4-903474-49-6
希望者は第三エリア書籍部 (丸善) にて購入してください。

参考となる Web ページ

授業資料

  • 10/3 第 1 回: イントロダクション、OpenGL を用いたプログラム
  • 10/17 第 2 回: 座標変換(2 次元)
  • 10/24 第 3 回: 座標変換(3 次元)と透視投影変換
  • 10/31 第 4 回: GLUT を使ったアプリケーション開発
  • 11/7 第 5 回: パラメトリック曲線 (1)
  • 11/14 第 6 回: パラメトリック曲線 (2)
  • ※第 7 回以降については、遠藤先生の web ページを参照のこと。
  • メモ

    画面に表示された図形のコピー方法

    MacOSの場合 Mac のマシンで CentOS を使った場合 Windows の場合 CentOS、Ubuntuなどの場合